印鑑登録の条件

印鑑印鑑登録は、誰でもできるという事ではありません。印鑑登録する為にはそのための条件をクリアしている必要があります。印鑑登録する事が出来る条件は、印鑑登録をする時に住んでいる市町村に住民登録をしている事です。これは個人の場合も法人の場合も同様で、登録してある市町村の役所で印鑑登録を行わなければいけないという事になります。

次に必要な条件は年齢です。印鑑登録を行う方は、満15歳以上である事も条件になってきます。つまり16歳以上なら社会人ではなく、高校生でも自分の実印を印鑑登録する事ができます。ここまでは日本人の方が印鑑登録をする条件で、外国人の方は少し条件が異なります。

外国人の方の場合には、外国人登録原票という書類に記録や登録をしております。また、外国人の場合には、日本人よりも1歳年上になる満16歳以上である事が印鑑登録を行う条件になっております。外国人の方でも一般的には16歳未満で一軒家やマンション、マイカーなどを購入する事はあまりありませんので、問題無いように思われるかも知れませんが、例えば遺産の相続の時に遺産分割協議書を作成する際に必要になるケースもあります。印鑑登録はそれほど難しい手続きではありませんが、自分が印鑑登録できる条件を満たしているかをしっかりと確認することは重要です。