印鑑登録について

社会人になると多くの方が市役所に行き印鑑登録を行います。仕事が忙しくなる前に印鑑登録を済ませておくようにと、両親や会社の上司などにアドバイスを貰う事がありますが、そもそも、なぜ印鑑登録をおこなわなければいけないのでしょうか。

印鑑登録印鑑登録とは、自分が使っている印鑑を自分しかつかっていないオリジナルな物である事を証明するために必要なのです。もし、自分の不利益となる書類に自分の名字の印鑑を押してあった為に、その不利益を被ってしまうような場合もあります。そのため、自分にとって重要となる書類には、確かに自分の印鑑を使っていることを証明する必要があるのです。その際に、この印鑑は自分の実印だと証明するためには、市役所などで実印はこの印鑑であるという事を登録しなくてはなりません。

一度印鑑登録の作業を済ませておけば、色々な契約の時に使っている印鑑は確かに実印である事を証明する、印鑑証明書を簡単に発行する事ができるのです。社会人になると色々な所で契約しなければいけないシーンが出てきます。そのため、社会人になった機会に印鑑登録をしておくことは重要です。市役所などに出向く必要があるので、就職する前の時間があるときに手続きをしておくと安心です。

しかし、これまでの生活で印鑑登録などを行った事がないという方は、どのようにして印鑑登録を行ったらよいかわからないと思います。まずは店頭や通販にて印鑑を購入しましょう。こちらのページでは、印鑑登録の方法や、どのような時に印鑑登録が必要になるかなどの情報を紹介します。