印鑑登録が必要な時

家印鑑登録を行っておかなければいけない理由としては、色々な手続きに印鑑証明書が必要になるシーンが出てくるからです。印鑑証明が必要な場面はいろいろありますが、例えばマンションや一軒家を購入するときなどに、大抵の方はマイホームローンを組んで購入するでしょう。そのマイホームを購入する際の手続きに印鑑証明が必要になります。

他にも抵当権設定にも印鑑証明が必要になります。こちらの抵当権は、マイホームローンなどで銀行などの金融機関からお金を借り入れる時に、借り入れる原因となる不動産に設定する担保の事です。また、自分が所有している土地の売買にも必要になりますし、賃貸住宅の入居の際、自分の子供が未成年の時などに身元保証人として書類を作成する際にも必要になります。仮に子供が成人していたとしても、連帯保証人として書類を作成する際に印鑑証明が必要になります。

その他に、配偶者の死亡保険金受け取りの時にも必要になりますし、軽自動車以外の車を購入する時にも必要です。購入した自動車を売却する時や、自動車を廃車にする時、遺産を相続する時や会社を設立する時にも印鑑証明が必要になりますので、なるべく早く印鑑登録を行っておくと安心です。

印鑑登録の仕方

印鑑登録をしようと思ったら、管轄の役所で手続き可能な時間を確認しましょう。基本的には、平日の午前8時30分から午後5時までの役所が仕事をしている時間のみ申請が可能になります。一部の役所などでは、土曜日にも登録する事ができる場合もありますので、必ず確認してから出向くようにしましょう。

身分証印鑑登録が必要な本人が申請する場合には、登録する印鑑と登録する方が本人だと確認できる書類が必要になります。本人確認書類は、写真が貼付されている事や改ざん防止の措置がとられている事、運転免許証のように有効期間が決められているような場合には有効期間内である事、有効期限が元々ない本人確認書類の場合には、その書類が発行されてから規定の期間内である事が条件になります。印鑑登録をする本人が訪れて、官公署が発行した免許証や許可証、身分証明書を提示する事が出来る場合には、その日に印鑑登録を行う事ができます。

他に必要な物は、印鑑登録や暗証番号登録を行うための申請書や届出書、印鑑登録に使用する印鑑などが必要になります。印鑑登録や暗証番号登録を行うための申請書や届出書は役所でもらう事ができます。必要な物をしっかりと用意する事ができれば、何度も足を運ぶことなくその日に印鑑登録する事ができますので、しっかりと準備することが大切です。

印鑑登録の条件

印鑑印鑑登録は、誰でもできるという事ではありません。印鑑登録する為にはそのための条件をクリアしている必要があります。印鑑登録する事が出来る条件は、印鑑登録をする時に住んでいる市町村に住民登録をしている事です。これは個人の場合も法人の場合も同様で、登録してある市町村の役所で印鑑登録を行わなければいけないという事になります。

次に必要な条件は年齢です。印鑑登録を行う方は、満15歳以上である事も条件になってきます。つまり16歳以上なら社会人ではなく、高校生でも自分の実印を印鑑登録する事ができます。ここまでは日本人の方が印鑑登録をする条件で、外国人の方は少し条件が異なります。

外国人の方の場合には、外国人登録原票という書類に記録や登録をしております。また、外国人の場合には、日本人よりも1歳年上になる満16歳以上である事が印鑑登録を行う条件になっております。外国人の方でも一般的には16歳未満で一軒家やマンション、マイカーなどを購入する事はあまりありませんので、問題無いように思われるかも知れませんが、例えば遺産の相続の時に遺産分割協議書を作成する際に必要になるケースもあります。印鑑登録はそれほど難しい手続きではありませんが、自分が印鑑登録できる条件を満たしているかをしっかりと確認することは重要です。

印鑑登録について

社会人になると多くの方が市役所に行き印鑑登録を行います。仕事が忙しくなる前に印鑑登録を済ませておくようにと、両親や会社の上司などにアドバイスを貰う事がありますが、そもそも、なぜ印鑑登録をおこなわなければいけないのでしょうか。

印鑑登録印鑑登録とは、自分が使っている印鑑を自分しかつかっていないオリジナルな物である事を証明するために必要なのです。もし、自分の不利益となる書類に自分の名字の印鑑を押してあった為に、その不利益を被ってしまうような場合もあります。そのため、自分にとって重要となる書類には、確かに自分の印鑑を使っていることを証明する必要があるのです。その際に、この印鑑は自分の実印だと証明するためには、市役所などで実印はこの印鑑であるという事を登録しなくてはなりません。

一度印鑑登録の作業を済ませておけば、色々な契約の時に使っている印鑑は確かに実印である事を証明する、印鑑証明書を簡単に発行する事ができるのです。社会人になると色々な所で契約しなければいけないシーンが出てきます。そのため、社会人になった機会に印鑑登録をしておくことは重要です。市役所などに出向く必要があるので、就職する前の時間があるときに手続きをしておくと安心です。

しかし、これまでの生活で印鑑登録などを行った事がないという方は、どのようにして印鑑登録を行ったらよいかわからないと思います。まずは店頭や通販にて印鑑を購入しましょう。こちらのページでは、印鑑登録の方法や、どのような時に印鑑登録が必要になるかなどの情報を紹介します。