印鑑登録が必要な時

家印鑑登録を行っておかなければいけない理由としては、色々な手続きに印鑑証明書が必要になるシーンが出てくるからです。印鑑証明が必要な場面はいろいろありますが、例えばマンションや一軒家を購入するときなどに、大抵の方はマイホームローンを組んで購入するでしょう。そのマイホームを購入する際の手続きに印鑑証明が必要になります。

他にも抵当権設定にも印鑑証明が必要になります。こちらの抵当権は、マイホームローンなどで銀行などの金融機関からお金を借り入れる時に、借り入れる原因となる不動産に設定する担保の事です。また、自分が所有している土地の売買にも必要になりますし、賃貸住宅の入居の際、自分の子供が未成年の時などに身元保証人として書類を作成する際にも必要になります。仮に子供が成人していたとしても、連帯保証人として書類を作成する際に印鑑証明が必要になります。

その他に、配偶者の死亡保険金受け取りの時にも必要になりますし、軽自動車以外の車を購入する時にも必要です。購入した自動車を売却する時や、自動車を廃車にする時、遺産を相続する時や会社を設立する時にも印鑑証明が必要になりますので、なるべく早く印鑑登録を行っておくと安心です。